自動二輪

【自動二輪】50代で教習所に通う#4

こめたろう

こんにちは、米太郎といいます。

51歳にして自動二輪の免許取得にチャレンジしてます。

今回は講習3回目の内容を書いています。

私的にはハードな内容で、免許取得ができるかどうか不安になってしまいました。

前回の内容です。↓

【自動二輪】50代で教習所に通う#3原付の経験もほぼ0に等しい51歳が女が自動二輪中型の免許取得を目指しています。講習の内容と感想を書いています。...

セルフステア

講習の内容の前に少しだけ、バイクの特性の話。

こめたろう

セルフステアとはバイクの特性のことを言うのよ

バイクはハンドルを切らなくても曲がっていく特性「セルフステア」があり、

曲がりたい方向に荷重をかける事で発動するそうです。

だから、あんな風に(想像してください)腰をずらすのね~

こめたろう

頭ではわかるんだけど、体がこわばる

8の字

こめたろう

先生がバイクの後ろに乗っけて教えてくれたのよ

セルフステアの特性を掴むために8の字をやりましたが、目線を先の先に置かないといけないのでとても大変でした。

1,2回、セルフステアを使えた感がありまして、「力を抜かないとダメだなー」なんて思いながら

8の字をくるくる回っていました。

S字・クランク

8の字は早々に終わり、すぐにS字とクランクに移行しました。

こめたろう

これが、もう肩がガチガチになってしまってヘットヘトでした

足が地面に付いてしまう事はあったけど、一回も三角コーンに接触することなく毎回クリアできました。

こめたろう

自分でもちょっと驚いてる

S字からのクランク、クランクを抜けたら外周という流れの連続走行には、ほんとに疲れました。

まとめ:講習3日目を終えて

こめたろう

実は今日の講習で一気に不安になってしまった

コーンを倒したり、ぶつかったりということはなかったけど

終わるころにはクタクタになっていて、バイクから降りるのもやっとでした。

先生がバイクを支えてくれたぐらい。

こめたろう

あたし、ちゃんと卒業できるかな~

ABOUT ME
kometaro
はじめまして、Apexが大好きな米太郎(こめたろう)といいます。エイムが下手くそすぎて、ランクは永遠のブロンズでいいと思っている51歳。愛知の田舎で他家族2人ネコ2匹と暮らしています。